テクノロジーワールドウオッチ

ロサンゼルス 病室にアレクサ導入 看護対応「AI」に期待=土方細秩子

     ロサンゼルス市のシーダース・サイナイ医療センターは2月、アマゾン・コムの音声人工知能(AI)「アレクサ」のプラットフォームを使い、患者がスピーカーに声を出すだけでナースコールが発信できたり、テレビのチャンネルや音量の調整などができたりするシステムを試験的に導入した。

     対象となる病室は100室で「スマートルーム」と呼ばれる。患者が発信したナースコールは携帯電話を通し担当部署に送信され、個別に対応できるという。同市に拠点を置くヘルスケアのスタートアップ企業「Aiva Hea…

    残り357文字(全文595文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット