国際・政治エコノミストオンライン

インフレ40%超のアルゼンチン 街角に跋扈する闇両替商=黒木亮

    一見、右の2人組の男が闇両替商にみえるが、実は木の手前のワンピースの女性がそう。フロリダ通りには老若男女さまざまな闇両替商がいる(筆者撮影)
    一見、右の2人組の男が闇両替商にみえるが、実は木の手前のワンピースの女性がそう。フロリダ通りには老若男女さまざまな闇両替商がいる(筆者撮影)

     ブエノスアイレス随一の繁華街、フロリダ通りには公認両替店が並び、各種通貨の売りと買いのレートを派手な電光掲示板で表示している。

    「カンビオ(両替)、カンビオ」

    「カンビオ、カンビオ」

     通りを歩くと、数メートルおきに立っている闇両替商たちに声をかけられる。年齢も性別もさまざまで、見た目はどこにでもいる普通の人々である。近づいて交換レートを聞くと、手にしたスマートフォンで通貨と数字を示し、「あと0.5ペソなら上乗せできる」と交渉が始まる。正規のレートとの差はそれほど大きくない。公認両替店が1ドル=38ペソであるのに対し、38.5ペソか、せいぜい39ペソである。それでも自国通貨を信頼しないアルゼンチン国民は、少しでも安くドルやユーロを手に入れようと、違法な闇両替商を利用する。

    残り2344文字(全文2682文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月1日号

    キャッシュレス大混乱16 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害 ■村田 晋一郎/加藤 結花19 増税に間に合わない! ポイント還元店舗は全体の3割 ■村田 晋一郎20 賢く選ぶポイント還元 中小は5%、コンビニ大手が独自還元も ■風呂内 亜矢22 キャッシュレスの勝者 スマホ決済は「 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット