週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第37話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

    (前号まで)

     欧米出張の辞令が下り、明治帝に謁見。農商務省書記官に昇進した31歳の是清は2人の若者、吉田鉄太郎と串田万蔵とともに17年ぶりの米国へ向けて出立した。

    第37話 ワシントンDC

     明治19(1886)年新春、是清は九鬼在米公使に連れられて米国内務省と特許庁を訪問、特許庁のスカイラー・ズリー書記官に引き合わせてもらい、いよいよ特許事務の実地調査が始まった。内務省長官は是清のために随時入庁できる特別なパスを発行してくれた。

     是清は帳簿の付け方から始まり、絵図面の取り扱い、書類の整理方法等々を手取り足取り教えてもらった。今日でいうトレーニー(研修生)である。

    残り2502文字(全文2785文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事