教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第38話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

     欧米出張の辞令が下り17年ぶりにアメリカの地を踏んだ是清。ワシントンの特許庁を訪れ、帳簿の付け方、書類の整理法はじめ数々の先進的な業務を学んだ後ロンドンへ旅立った。

     明治19(1886)年4月10日、ニューヨークを離れた是清はロンドンに到着した。当時の英国公使館には公使が長州の河瀬真孝、書記官が薩摩の大山綱介、公使館員として24歳の佐々木高美が赴任していた。彼は昔、是清が一時下宿していた駿河台の土佐人佐々木高行の長男である。ロンドン総領事としては薩摩の園田孝吉、こちらは大学南校時代からの知り合いで、さらに是清は偶然ながら夫人の父親とも面識があったので、園田家では家族同様の扱いを受け、仲間に囲まれた居心地の良い滞在となった。

     ロンドンに到着して間もなく、谷干城(たにたてき)農商務大臣がパリにやって来るというので、4月23日には園田総領事と共にパリまであいさつをしに行った。

    残り2427文字(全文2818文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット