教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第35話=板谷敏彦

    挿絵 菊池倫之
    挿絵 菊池倫之

     農商務省で商標登録と専売特許条例法制化の準備に没頭する是清を前田正名が訪ねた。前田には日本の殖産興業について数々のアイデアがあり、是清の助力が欲しいという。

     是清が前田正名(まさな)に出会った明治16(1883)年、「明治14年の政変」によって政府を追われた大隈重信に代わって大蔵卿(きょう)(大臣)に就任した松方正義は、国立銀行条例を改正した。

     それまで紙幣を発行することができた150数行の国立銀行は経営期限を事後20年までとされ、その時までに解散か普通銀行への転換を選択しなければならなくなった。さらに翌年の兌換(だかん)銀行券条例によって発券銀行は日本銀行のみに限定され、西南の役以来乱発されていた紙幣の本格的な整理が始まった。

    残り2541文字(全文2860文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット