教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第36話=板谷敏彦

    挿絵 菊池倫之
    挿絵 菊池倫之

    (前号まで)

     前田正名のもとで殖産興業のための白書作成を手伝う是清。『興業意見』と銘打った白書は物議をかもし、前田は更迭、同様に粛正されるかと思われた是清には海外出張の辞令が出た。

    第36話 欧米視察の旅

     明治18(1885)年11月20日、是清は特許業務視察のための欧米出張が決まると宮中に参内した。明治帝に謁見するのは参事院における商標登録のプレゼンテーション以来で、当時の海外出張はそれだけの大事である。

     翌日農商務省書記官に昇進、この地位は軍隊で言えば大佐、府県でいえば県令(知事)に相当する奏任官最高位である。高橋是清31歳、農商務省に雇員の資格で出仕してわずか4年半、とても早い出世なのだ。

    残り2572文字(全文2872文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事