資源・エネルギー福島後の未来をつくる

再エネ導入の大きなハードル 公平、透明、効率的な送電網を=山家公雄/83

    送電線の空き容量が少なく、新規参入を阻害している・・・・・・
    送電線の空き容量が少なく、新規参入を阻害している・・・・・・

     日本でも、ようやく再生可能エネルギー(再エネ)が評価されるようになってきた。政府が2018年7月に取りまとめた「第5次エネルギー基本計画」で、再エネは主力電源に位置付けられた。固定価格買い取り制度(FIT)導入の効果もあり、発電電力量に占める再エネの割合は、10年度の10%から17年度には16%にまで上がっている。住宅用と事業用を合わせた太陽光発電の導入量は4500万キロワットとなったが、設備利用率を13~14%とすると原発8~9基分に相当する。

     太陽光と並んで期待が大きい風力は、環境影響評価法の適用対象となったこともあり、350万キロワット(17年)の導入にとどまっているが、FIT認定済みを含めると1000万キロワット、環境影響評価中の事業計画を合わせれば3000万キロワットに積み上がっており、いよいよ本来の潜在力を発揮し始めている。風力を巡っては、洋上風力を促進する法案が18年11月に成立し、再エネ電源の主役として期待が高まっている。

    残り2340文字(全文2766文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事