週刊エコノミスト Online話題の記事

24時間営業問題で躓くコンビニ セブン-イレブンが経営刷新で対応へ=松崎隆司

     セブン-イレブンの親会社セブン&アイ・ホールディングス(HD)は4月4日、セブン-イレブンの古屋一樹社長が退任し、後任社長には副社長の永松文彦氏が就任する人事を発表した。永松氏は3月に副社長に昇格したばかり。永松新社長は一律に求めてきた24時間営業について、各店の経営環境に応じて柔軟に判断する考えを示した。

     きっかけとなったのはFC加盟店をめぐる混乱だ。今年2月、人手不足に悩む東大阪市の加盟店オーナーが、独自に夜間の営業時間を短縮して19時間営業にしたところ、本部からFC契約に違反すると指摘を受けた。さらに、違約金が発生する可能性についても指摘されたことからオーナーは態度を硬化させ、対立は続いているという。

     一部の加盟店オーナーがこの動きを支持し、24時間営業の見直しを求める加盟店は96店(全体の0.5%)に膨らんだ。セブン-イレブンの加盟店オーナーを中心につくる「コンビニ加盟店ユニオン」(岡山市)は、深夜営業を見直すようセブン-イレブンに求めた。セブン-イレブンは3月、直営10店舗で時短営業の実験を始めるなど対応に追われている。

    残り1556文字(全文2029文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット