週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

1929年を連想させる米国の不振銘柄=市岡繁男

     米国株は昨年末安値からV字で回復し、新高値を更新した。だが、その一方で住宅や自動車、銀行などの株価は不振を極めたまま、今も2018年1月の高値から10~20%も下回っている(図1)。

     家計にとって最も高額な買い物は一に住宅、二に自動車で、その購入資金の多くは銀行などからの借入金で賄われている。こうした住宅や自動車、銀行株の低迷は、購買力の低下に起因する個人消費の変調を反映しているのではないか。

     実際、住宅や自動車関連の統計をみると、マスコミに喧伝(けんでん)された「好調な米国経済」とは異なる…

    残り313文字(全文562文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット