国際・政治話題の記事

NEWS ボルカーFRB元議長死去 困った時に名前挙がる「行動の人」=吉脇丈志

    2㍍超の長身もインフレファイターにふさわしかった(経済再生諮問会議議長を務めた2012年時)(Bloomberg)
    2㍍超の長身もインフレファイターにふさわしかった(経済再生諮問会議議長を務めた2012年時)(Bloomberg)

    政府に屈しないインフレファイター 困った時に名前挙がる「行動の人」

     ポール・ボルカー元米連邦準備制度理事会(FRB)議長が12月8日死去した。92歳だった。

     1979年からの8年間、FRB議長を務めたボルカー氏は、第2次石油危機を引き金とする激しいインフレを抑え込むため、短期金利を20%台まで引き上げる金融引き締めを断行。一時的に失業者の増加を招いたが、当時「米国の持病」と言われたインフレ抑制に成功したことで「インフレファイター」の異名を取った。

     ボルカー氏はFRBの「独立性」を重視し、米政府と度々対立したことでも知られる。為替アナリストとしてFRBの政策を注視していた三木広行氏(FHマーケット・ストラテジー)は、「ボルカー氏は、景気優先でFRBに利上げ停止を要請する政府に対して毅然(きぜん)とした態度を貫いた。結果的にベーカー財務長官(当時)から疎んじられた」と話す。

     ベイカー氏は当時、ボルカー氏を除くFRB理事らを金融緩和派に転向させ、86年2月にボルカー氏の反対を押し切って利下げを決定した。FRBで主導権を失い、辞任に追い込まれたボルカー氏は「過度な金融緩和は禍根を残す」と警鐘を鳴らした。

     日銀の米州統括役兼ニューヨーク事務所長としてボルカー氏と交流を持った山本謙三・元日銀理事は、「米経済が困った時は、常にボルカー氏の名前が挙がった」と振り返る。

    金融危機後に再登場

     08年のリーマン・ショック後、政府の経済再生諮問会議の議長を務めたボルカー氏は、金融危機の再発を防ぐために金融機関への規制強化に乗り出した。銀行のヘッジファンドへの投資を厳しく制限する新たな規制は「ボルカー・ルール」と呼ばれた。

    「ボルカー氏は後世まで続く遺産を残した」と哀悼の意を表したパウエル現FRB議長はいま、トランプ大統領から強い金融緩和圧力をかけられている。今年7月の利下げも「政治圧力に屈した」と市場は見ている。

     いまの中央銀行にこそ、毅然と正論をぶつけ“行動で示す”ボルカー氏のような人物が求められる。

    (吉脇丈志・編集部)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット