教養・歴史書評

『職場の現象学』 露木恵美子、山口一郎著 白桃書房 3000円

    『職場の現象学』 露木恵美子、山口一郎著 白桃書房 3000円

     組織論、ベンチャー起業論の専門家である露木恵美子氏と、哲学の一分野である現象学の研究者である山口一郎氏が、「職場」をテーマにタッグを組んだ。出発点となる基本認識は、現象学の根本にある「徹底的に一人になること」。とことん一人になって自分の認識を見つめ直してからでなければ、「共に働く」という「場」を作ることは不可能だと説く。前川製作所、巣鴨信用金庫など、独自の職場作りを試みる4社の事例紹介も興味深い。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事