教養・歴史書評

『職場の現象学』 露木恵美子、山口一郎著 白桃書房 3000円

『職場の現象学』 露木恵美子、山口一郎著 白桃書房 3000円

 組織論、ベンチャー起業論の専門家である露木恵美子氏と、哲学の一分野である現象学の研究者である山口一郎氏が、「職場」をテーマにタッグを組んだ。出発点となる基本認識は、現象学の根本にある「徹底的に一人になること」。とことん一人になって自分の認識を見つめ直してからでなければ、「共に働く」という「場」を作ることは不可能だと説く。前川製作所、巣鴨信用金庫など、独自の職場作りを試みる4社の事例紹介も興味深い。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事