教養・歴史書評

『アナザー1964 パラリンピック序章』 稲泉連著 小学館 1700円

『アナザー1964 パラリンピック序章』 稲泉連著 小学館 1700円

 日本中が東京五輪に沸いた1964年、パラリンピックというもう一つのドラマがあった。突然「選手」として参加が決まった脊椎(せきつい)損傷の患者らが、大会を経て人生観を変え、自立へ進んでいった姿を追った秀逸なドキュメントだ。快活にスポーツを楽しむ海外の障害者に衝撃を受け、日本との格差に気づき、苦労の末に働く場の創出などを成し遂げていく。著者の指摘通り、「世の中を変革していく『当事者』たちを生んだ」画期的な出来事だったのだ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事