教養・歴史書評

『内田義彦の学問』 山田鋭夫著 藤原書店 3300円

    『内田義彦の学問』 山田鋭夫著 藤原書店 3300円

     マルクスやアダム・スミスの研究者として、戦後日本を代表する思想家・経済学者として知られる内田義彦。人は年齢と関係なく「育つ」存在であり、「学ぶこと=生きること」を基本に据えたその姿勢には共感者が絶えない。本書は内田を尊敬してやまない著者が、渾身(こんしん)の努力で完成させた一冊。「河上肇論」や「市民社会論」の分析とともに、主要作品の案内、名言選、文献目録など、これから内田義彦を読もうとする人にも格好の入門書となっている。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット