教養・歴史書評

『「脳コワさん」支援ガイド』 鈴木大介著 医学書院 2000円

    『「脳コワさん」支援ガイド』 鈴木大介著 医学書院 2000円

     脳梗塞(こうそく)、うつ病、認知症、発達障害。バラバラに見えるこれらの当事者は、脳の情報処理がうまくいかず苦しむ点が共通するという。それが「脳コワさん」=脳がコワれた人だ。著者は自身の経験をもとにどんなことにつまずくのかをとことん言語化した。会話ができないことなら「相手の話が聞き取れない」「自分の意思を伝えられない」と切り分けてゆき、比喩を交えて描き出す。援助職に向けた支援の要望は、プロに限らず、脳コワさんと接するうえで役立つ。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット