教養・歴史書評

『ドキュメント 強権の経済政策 官僚たちのアベノミクス2』 軽部謙介著 岩波新書 860円

『ドキュメント 強権の経済政策 官僚たちのアベノミクス2』 軽部謙介著 岩波新書 860円

 第2次安倍内閣が独自の経済政策を打ち出すまでの政官の攻防を追った前作に続く、秀抜な「アベノミクス」内幕ドキュメントの第2弾だ。政府主導の賃上げ、消費税率の引き上げと見送りなど、数々の動きの背景に財務省の地盤低下と官邸の権限強化があることが綿密な取材で裏付けられていく。「この政権の経済政策は選挙戦略として使われている」。政府関係者の言葉が、現在の“官邸一強”という権力構造の問題点を見事に表している。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事