教養・歴史書評

『アクティビストの衝撃』 菊地正俊著 中央経済社 2800円

    『アクティビストの衝撃』 菊地正俊著 中央経済社 2800円

     企業を食い物にする「ハゲタカ」か。あるいは、企業価値向上を促す経営陣の良き同伴者なのか。株式投資戦略に関わる筆者が長年の取材から「もの言う株主」の実像に迫る。好例としてあげるのは、2018年にオリンパスに取締役を送り込んだ米バリューアクト。巨額粉飾決算で混迷する同社を的確なアドバイスで導き、時価総額は過去最高を更新した。それ以外の実例やデータも豊富。アクティビストの本音を知りたい経営者やIR担当者に有用だ。(I)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事