教養・歴史書評

パンデミックが露わにした「国のかたち」 熊谷徹著 NHK出版新書 900円

    パンデミックが露わにした「国のかたち」 熊谷徹著 NHK出版新書 900円

     新型コロナは欧州では、伊、西、英で感染が拡大した一方、ドイツでは感染者、死者とも大幅に抑えられた。国境を接しているにもかかわらず、なぜなのか。在欧30年の著者が、日本では知られていないエピソードをふんだんに盛り込み、分析する。今回の事態を想定したマニュアルの作成、徹底したPCR検査などの要因はあるが、メルケル首相はじめ真摯(しんし)に説明責任を果たす政府の姿勢が、共同体としての独国民の支持を得ていることが大きいという。(I)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事