教養・歴史書評

『ネクスト・シェア』 ネイサン・シュナイダー著 東洋経済新報社 2600円

    『ネクスト・シェア』 ネイサン・シュナイダー著 東洋経済新報社 2600円

     資本主義の行き詰まりに対してシェアエコノミーが期待されたが、細切れの労働が生活を脅かし、プラットフォームを握るIT企業のみが栄える実情に人々は気付きつつある。そこで本書は協同組合に可能性を見いだす。人々は共同で事業を所有し、民主的に統治する。その歴史をたどり、世界各地の事例を追った。決して新しい形ではないが、今日においては足元でテクノロジーが可能性を広げている。生活基盤を自分たちの手に取り戻すための模索だ。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事