教養・歴史書評

『おしゃべりと嘘』 樋口桂子著 青土社 1600円

    『おしゃべりと嘘』 樋口桂子著 青土社 1600円

     うそをついてはいけない。我々は子どもの頃からそう言い聞かされて育つ。しかし成人してからもしばしばうそに遭遇し、自らうそをついてしまうこともある。人はなぜうそをつくのか。そもそもうそとは何か。著者は「おしゃべり」という人間の行為の中にその起源を探り、「語り」と「騙(かた)り」を巡る文化論を展開する。うそを絶対悪と見なすことも擁護もせず、西欧と日本の文化の蓄積の相違を見ながら、うそというユニークな世界を渉猟する。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事