教養・歴史書評

『物語 東ドイツの歴史』 河合信晴著 中公新書 900円

    『物語 東ドイツの歴史』 河合信晴著 中公新書 900円

     東ドイツと言えば、もはや「過去の国」のイメージが強いが、世界的には現代史の主要テーマのひとつとなっているという。史料がほぼすべて公開され、社会主義国家の実像がわかるからだ。本書は、建国からベルリンの壁崩壊まで東ドイツ40年の歴史を克明に追う。政府はソ連の動きに左右され、国内では、西ドイツの繁栄ぶりを間近に知る国民に手を焼いて有休日を増やすなど、同じ分断国家、北朝鮮の独裁政治とは別の道をたどり、そして幕を閉じた。(T)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事