教養・歴史書評

『アンダークラス2030』 橋本健二著 毎日新聞出版 1400円

    『アンダークラス2030』 橋本健二著 毎日新聞出版 1400円

     新型コロナウイルスの勢いが衰えを見せない状況の中で、医療崩壊や飲食店の苦境など多くの問題が発生している。階級構造研究の第一人者である著者は雇用に焦点を当て、ズバリ「コロナ禍を契機に就職氷河期が再来し、永続化する可能性もある」と指摘する。本書が具体的に考察対象とするのは、非正規雇用で所得が低い「アンダークラス」と呼ばれる階級だ。その数、実に1200万人。努力では到底活路を見いだせない日本の縮図がここにある。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事