教養・歴史書評

『グローバル・タックス』 諸富徹著 岩波新書 820円

    『グローバル・タックス』 諸富徹著 岩波新書 820円

     経済のグローバル化、デジタル化で、従来の国際課税ルールが機能不全に陥っている。グローバル企業が莫大(ばくだい)な利益を上げながらわずかしか納税していない実態と、租税回避を封じ込めるため、国際協調に基づく新たなルールを導入しようとする議論を財政学者が端的に整理した。課税権力もまたネットワークによるグローバル化を目指すが、抵抗は大きく道のりは険しい。国々が独自課税に走れば貿易戦争に陥るといい、注視するうえでベースとなる一冊だ。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事