教養・歴史書評

『縁食論』 藤原辰史著 ミシマ社 1700円

    『縁食論』 藤原辰史著 ミシマ社 1700円

     誰もが温かい食事でお腹(なか)を満たせる無料食堂がそこかしこに設けられていたら――。食と農業をテーマとする歴史学者はこれを「縁食」と名付け、7年にわたって論考をつむいできた。独り食べる孤食ではなく、共に食べなければならないという圧力にも陥らない、つかの間の居心地。食の責任を家族から解放し、食材の調達から調理まで食のプロセスすべてに人が集う。いわば子ども食堂の拡大版だ。コロナ禍の先、元に戻るのではない未来を示している。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事