教養・歴史書評

『回想 イトマン事件』 大塚将司著 岩波書店 2200円

    『回想 イトマン事件』 大塚将司著 岩波書店 2200円

     巨額の資金が闇社会に流れたとみられ、いまなお謎が残る戦後最大の経済事件・イトマン事件。端緒を報じた日本経済新聞の元記者が潜行取材の内幕を30年ぶりに明かした。内情を知る旧住友銀行幹部とタッグを組み、各方面から極秘に集めた情報を内部告発状の体裁で旧大蔵省などに送り付け、真実が握りつぶされるのを防ぐ裏工作に奔走、スクープにこぎ着けた。株価上昇と地価高騰で日本中が狂ったバブル経済の異常な実態には恐怖すら感じる。(W)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事