教養・歴史書評

『地方を生きる』 小松理虔著 ちくまプリマー新書 860円

    『地方を生きる』 小松理虔著 ちくまプリマー新書 860円

     福島にUターンした著者が体験をもとに、地方移住の可能性とアドバイスを綴った本、とまとめるのは味気ない。同質性による風通しの悪さなどマイナス面も見つめたうえで、「魅力と課題は同時に発見されるもの」だから、丸ごと面白がろうと勧める。そのスタンスは原発事故の後、魚の放射線量測定や情報発信といった活動につながった。著者の言う「ローカル」は地方に限らず、自分が住む場、関わる場を指すから、誰もが何かメッセージを受け取るだろう。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事