教養・歴史書評

『地方を生きる』 小松理虔著 ちくまプリマー新書 860円

    『地方を生きる』 小松理虔著 ちくまプリマー新書 860円

     福島にUターンした著者が体験をもとに、地方移住の可能性とアドバイスを綴った本、とまとめるのは味気ない。同質性による風通しの悪さなどマイナス面も見つめたうえで、「魅力と課題は同時に発見されるもの」だから、丸ごと面白がろうと勧める。そのスタンスは原発事故の後、魚の放射線量測定や情報発信といった活動につながった。著者の言う「ローカル」は地方に限らず、自分が住む場、関わる場を指すから、誰もが何かメッセージを受け取るだろう。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事