教養・歴史書評

『地方を生きる』 小松理虔著 ちくまプリマー新書 860円

『地方を生きる』 小松理虔著 ちくまプリマー新書 860円

 福島にUターンした著者が体験をもとに、地方移住の可能性とアドバイスを綴った本、とまとめるのは味気ない。同質性による風通しの悪さなどマイナス面も見つめたうえで、「魅力と課題は同時に発見されるもの」だから、丸ごと面白がろうと勧める。そのスタンスは原発事故の後、魚の放射線量測定や情報発信といった活動につながった。著者の言う「ローカル」は地方に限らず、自分が住む場、関わる場を指すから、誰もが何かメッセージを受け取るだろう。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事