教養・歴史書評

『最後の人声天語』 坪内祐三著 文春新書 950円

    『最後の人声天語』 坪内祐三著 文春新書 950円

     豊かな学識を持ちながら同時にフットワークも軽やかな時代観察者であり、時に辛らつ、時にユーモラスな文章家である坪内祐三氏が急逝して1年が過ぎた。朝日新聞の「天声人語」をもじって名付けられた「人声天語」は『文藝春秋』誌上で2003年から続く長寿連載。そのラスト、平成から令和へと移り行く時代観察をまとめたのが本書だ。その時々の出来事への言及とともに、消えゆく街並みや文化に触れたコラムの数々が美しい。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事