教養・歴史書評

『最後の人声天語』 坪内祐三著 文春新書 950円

『最後の人声天語』 坪内祐三著 文春新書 950円

 豊かな学識を持ちながら同時にフットワークも軽やかな時代観察者であり、時に辛らつ、時にユーモラスな文章家である坪内祐三氏が急逝して1年が過ぎた。朝日新聞の「天声人語」をもじって名付けられた「人声天語」は『文藝春秋』誌上で2003年から続く長寿連載。そのラスト、平成から令和へと移り行く時代観察をまとめたのが本書だ。その時々の出来事への言及とともに、消えゆく街並みや文化に触れたコラムの数々が美しい。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事