教養・歴史書評

『堕ちたバンカー 國重惇史の告白』 児玉博著 小学館 1800円

『堕ちたバンカー 國重惇史の告白』 児玉博著 小学館 1800円

 旧住友銀行でバブル期に政官財の要人へ食い込み、収益拡大で成果を上げ将来の頭取候補と呼ばれた國重惇史氏。その活躍と凋落(ちょうらく)の姿を克明に追った。銀行が翻弄(ほんろう)された平和相互銀行事件やイトマン事件では黒幕の闇勢力と対峙(たいじ)し、検察や日銀も動かすなど混乱の収拾に貢献。不祥事で組織を追われた後は楽天幹部として急成長を支えたが女性問題で挫折、今は孤独な生活を送る。銀行の盛衰を象徴するかのような衝撃的な半生が強く印象に残る。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事