教養・歴史書評

『そこに工場があるかぎり』 小川洋子著 集英社 1400円

『そこに工場があるかぎり』 小川洋子著 集英社 1400円

 著名作家、実は相当な“工場愛”の持ち主だった!「なんて面白そうなんだろう」と思った6カ所を見学、知られざる現場に密着した楽しいエッセーだ。幼児を立ったまま乗せて運ぶ「サンポカー」、競技用ボート、貴重なガラス製分析装置……とチョイスが実にシブい。金型や部品に微細な穴を開ける工場では高度な技術力に驚かされる。日本のものづくりを多方面から支える最前線を体感できて実に有意義。説明用の写真や図があればなお良かった。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事