教養・歴史書評

『キツネ目 グリコ森永事件全真相』 岩瀬達哉著 講談社 1800円

『キツネ目 グリコ森永事件全真相』 岩瀬達哉著 講談社 1800円

 日本中を震撼(しんかん)させたグリコ森永事件。2000年に完全時効が成立したが、ジャーナリストがその後の取材で知られざる警察捜査の実態を明かした貴重な記録だ。少なくとも3度犯人逮捕の好機があったが、警察組織のスピード感欠如や連携の悪さ、見込み違いがあだとなり取り逃がしていた。筆者は徹底した取材で犯人と直接対面した被害者や脅迫された製菓企業の旧経営陣からも具体的な証言を引き出している。事件の闇の深さが浮き彫りになっている。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事