教養・歴史書評

『歴史のなかの地震・噴火』 加納靖之、杉森玲子、榎原雅治、佐竹健治著 東京大学出版会 2600円

    『歴史のなかの地震・噴火』 加納靖之、杉森玲子、榎原雅治、佐竹健治著 東京大学出版会 2600円

     今年に入ってからも福島県沖や宮城県沖を震源とする大きな地震が続くが、これらは2011年の東日本大震災の余震であるという。本書は、歴史上の地震と噴火を読み解くことで何が見えてくるかを考え、未来に備えようという試みだ。東京大学の史料編纂(へんさん)所と地震研究所の専門家がチームを組み、地震学と歴史学の双方からアプローチしている。図やグラフ、データも豊富に投入し、過去の災害から学ぶことの大切さを訴える。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事