教養・歴史書評

『家族と国家は共謀する』 信田さよ子著 角川新書 900円

『家族と国家は共謀する』 信田さよ子著 角川新書 900円

 家族の関係は愛情やきずなで語られがちだが、支配や権力といった政治の言葉によって解釈されると様相が変わる。カウンセラーである著者は、40年以上にわたりDV(家庭内暴力)、虐待などの問題に接してきた。旧日本軍兵士が戦後、軍内部で受けたリンチなどがトラウマとなり、家族内での暴力に転じたが、長く見過ごされてきたことが問題の根を深くした。DVや虐待などに抵抗するには、自分自身を被害者であると認めることから始まると著者は説く。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事