教養・歴史書評

『家族と国家は共謀する』 信田さよ子著 角川新書 900円

    『家族と国家は共謀する』 信田さよ子著 角川新書 900円

     家族の関係は愛情やきずなで語られがちだが、支配や権力といった政治の言葉によって解釈されると様相が変わる。カウンセラーである著者は、40年以上にわたりDV(家庭内暴力)、虐待などの問題に接してきた。旧日本軍兵士が戦後、軍内部で受けたリンチなどがトラウマとなり、家族内での暴力に転じたが、長く見過ごされてきたことが問題の根を深くした。DVや虐待などに抵抗するには、自分自身を被害者であると認めることから始まると著者は説く。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事