教養・歴史書評

『BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル全真相』 ジョン・キャリールー著 集英社 2090円

『BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル全真相』 ジョン・キャリールー著 集英社 2090円

 微量の血液から多くの病気を診断できる。そんな画期的な技術を開発したと主張する米ベンチャー企業の若き創業者が犯した不正を、ベテラン新聞記者が執念の取材で暴露した。この創業者はカリスマ性を武器に、海千山千の知識人や大物政治家らの支持を獲得し、名だたる投資家から資金調達に成功。しかし、技術を使った検査機器は一向に実現せず、成果の捏造(ねつぞう)に手を染め、反発する従業員を切り捨てていく。企業投資の危うさが如実に示された良著。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事