経済・企業未来産業の本命

選ばれる「仮想通貨」の条件 “分散型金融”と“非代替性”=高城泰

    (Bloomberg)
    (Bloomberg)

     <第2部 デジタル通貨と新たなインフラ>

    「昨年来の仮想通貨バブルで資産が目標に達したこともあり、娘の卒業に合わせて3月からシンガポールに移住した。税金は海外口座分も含めすべて申告済み。海外送金もブロックチェーンですべて追える」──。(未来産業の本命)

     そう打ち明けたのは仮想通貨で10億円を超える資産を築いたA氏だ。仮想通貨の主軸であるビットコインは4月13日、700万円へ到達(図1)。昨年4月から10倍以上の値上がりとなった。2017年バブルの高値からも3倍となり、ほぼすべての投資家が含み益を抱えた状態となり、30代にしてセミリタイアを実現可能な資産を築いたA氏のような人も少なくない。

     値上がりはビットコインにとどまらず「アルトコイン」(ビットコイン以外の仮想通貨)にも波及し、仮想通貨全体の時価総額は史上初の2兆ドル(約220兆円)を突破し、240兆円に達した。時価総額で世界最大のアップル(4月13日時点で248兆円)を超える日はもう間近となっている。

    残り3914文字(全文4347文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事