教養・歴史書評

『絶望死 労働者階級の命を奪う「病」』 ニコラス・D・クリストフ、シェリル・ウーダン著 朝日新聞出版 2200円

    『絶望死 労働者階級の命を奪う「病」』 ニコラス・D・クリストフ、シェリル・ウーダン著 朝日新聞出版 2200円

     世界で平均寿命が伸びるなか、米国では近年縮んでいる。死に導くのは薬物にアルコール、自殺だ。ジャーナリスト夫妻がその実態を描く。故郷の田舎町で同級生たちのその後を追うと、多くがこれらで苦しむか、既に死亡していた。著者は自己責任論に抗し、原因は社会構造だと示す。処方鎮痛薬が薬物中毒を助長し、民営刑務所への長期収監が再起を阻む。崩壊した家庭で育った子が困難に陥りやすい様は過酷で、取るべき政策として第一に教育を挙げる。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事