教養・歴史書評

『アフリカ 人類の未来を握る大陸』 別府正一郎著 集英社新書 946円

『アフリカ 人類の未来を握る大陸』 別府正一郎著 集英社新書 946円

 人口が激増しているアフリカ。2050年には25億人に達し、世界の4人に1人はアフリカの人になると予測されているという。加えて10代、20代の若者が多く、旺盛な消費意欲が経済成長を促している。しかし負の側面として、南アフリカのすさまじい貧富の格差やブルキナファソ、タンザニアなど気候変動に翻弄(ほんろう)される国々、ニジェールの「児童婚」など問題も山積だ。いまや地球に生きる誰もがアフリカの未来と無縁でいられないと痛感させられる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事