教養・歴史書評

『農の原理の史的研究』 藤原辰史著 創元社 3850円

『農の原理の史的研究』 藤原辰史著 創元社 3850円

 日独露9人の農学者の思想と行動をひもとき、農業をめぐる二つの相反する思想を浮かび上がらせる。一つは効率的な食糧生産を目指す合理化で、行き着く先は自然の束縛から離れた植物工場に培養肉だ。もう一方は自然に根ざした人間本来の生活と共にある農業で、反資本主義の旗印となる。この二つの思想を絡めて農学者たちが推進したのが満州移民。ナチス研究で知られる筆者が、ナチスの農業政策に満州移民政策がどう学んだかを論じる章が目をひく。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事