教養・歴史書評

『ドイツ人はなぜ、毎日出社しなくても世界一成果を出せるのか』 熊谷徹著 SB新書 990円

『ドイツ人はなぜ、毎日出社しなくても世界一成果を出せるのか』 熊谷徹著 SB新書 990円

 テレワークが進むドイツの様子をリポート。2020年のコロナ第1波では、独企業の6~7割が従業員に在宅勤務を行わせた。これは、同時期の日本の2割強を大幅に上回る。感染が深刻で、従業員の健康を守る狙いもあるが、それ以上に、「インダストリー4.0」として経済のデジタル化を進める国の施策も背景にあるという。既に、ドイツの労働生産性は日本の1.4倍。テレワークならグローバル人材の獲得も容易だ。中途半端な日本に警鐘を鳴らす(I)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事