教養・歴史書評

『緑の牢獄』 黄(こう)インイク著 五月書房新社 1980円

『緑の牢獄』 黄(こう)インイク著 五月書房新社 1980円

 西表島(いりおもてじま)にかつて存在した炭坑を注視すると、日本の近代の負の側面が浮かび上がる。その半数が台湾出身者だという坑夫たちは、隔絶された環境で過酷な労働に従事し、逃げ出すことのできた人は少ない。ドキュメンタリー監督の著者は、炭坑閉鎖後も島に住み続けた台湾出身の「おばあ」と、木々に埋もれた跡地を撮り、歴史を調べた。島にまつわる記録は炭坑の重層的な管理構造を反映し、語る人の立場によって記憶が異なる点を注意深く掘り下げている。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事