教養・歴史書評

『誰のためのテレワーク?』 大内伸哉著 明石書店 2420円

『誰のためのテレワーク?』 大内伸哉著 明石書店 2420円

 新型コロナウイルス禍の長期化に伴い、テレワークが定着してきた。しかし著者は、テレワークはコロナ収束までの一時的な回避策ではなく、この流れは今後も止まることはないと捉える。本書の中心テーマは「移動しないで働くとはいったいどういうことなのか?」。監視やプライバシーの問題、オフィスのバーチャル化、少子高齢社会との関係、そして「会社員」という存在がどうなっていくかなど、今後の社会と生活を大きく変える可能性が見えてくる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事