教養・歴史書評

『好循環のまちづくり』 枝廣淳子著 岩波新書 880円

『好循環のまちづくり』 枝廣淳子著 岩波新書 880円

 地方創生が叫ばれて久しいが、近年は移住者も増え、新規事業が稼働している街と、シャッター商店街に代表されるよどみ感ばかりの街に二極化される傾向が強いと著者は言う。島根県海士(あま)町や北海道下川町などの自治体でまちづくりを推進してきた著者は、(1)ホップ=未来の望ましいまちの姿を描く、(2)ステップ=物事のつながりを認識する、(3)ジャンプ=旧構造を変えるプロジェクトを稼働させる――の3ステップで好循環を生む仕組みについて分析する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事