教養・歴史書評

『全員悪人』 村井理子著 CCCメディアハウス 1540円

『全員悪人』 村井理子著 CCCメディアハウス 1540円

 見知らぬ女が家に入り、キッチンを占拠している。叱ってくるばかりの夫はまるで別人。健康なのに病院に連れていかれ質問攻めに……。認知症の義母の目線で日々の出来事を描いた本書を読むと、一見つじつまの合わない困った言動が、本人にしてみれば分からないなかで断片的な材料をつなぎ合わせて状況を認識しているのだと捉えられる。本人の戸惑いや不安、焦りを思うとやるせない。そこにつけ込む本物の悪人も。老いた人が増えるなか必読だ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事