教養・歴史書評

『彭明敏(ほうめいびん) 蔣介石と闘った台湾人』 近藤伸二著 白水社 2750円

『彭明敏(ほうめいびん) 蔣介石と闘った台湾人』 近藤伸二著 白水社 2750円

 国民党の一党独裁政権下、台湾の民主化に命をかけた彭明敏氏。蒋介石政権を批判した彭氏は逮捕され、釈放後、米国へ亡命を図る。台湾大学時代からの友人、李登輝元総統と彭氏はともに日本で学んだが、台湾に残った李氏とは対照的な道を選んだ。日本人関係者が偽造パスポート作りに協力し、彭氏が飛行機で台湾を脱出する場面は白眉(はくび)。当局が1万余の船を調べており、決死の逃避行だった。台湾専門家の著者が丹念に秘史をあぶり出した渾身(こんしん)の大著だ。(F)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事