教養・歴史書評

『経理から見た日本陸軍』 本間正人著 文春新書 1320円

『経理から見た日本陸軍』 本間正人著 文春新書 1320円

 防衛省で調達業務に携わった著者が、旧日本陸軍という大組織の実態を経理の側面から解明した。戦争がいかに莫大(ばくだい)な資金と軍需品を消費するかを、膨大なデータ分析から提示。予算確保を巡って旧大蔵省と駆け引きしたり、兵士の士気維持に不可欠な食事や日本酒の確保に奔走したりする担当者の苦労が浮かび上がる。海外で畑を耕して食料を現地調達できる体制を整備し、餓死を防いだ例も紹介。戦争の知られざる一面に光を当てた価値ある書だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事