教養・歴史書評

『中国のCASE革命』 湯進(タンジン)著 日本経済新聞出版 2200円

『中国のCASE革命』 湯進(タンジン)著 日本経済新聞出版 2200円

 中国は今や「移動ビジネス」の未来を左右する存在だ。現地でテスラのEVが躍進し、巨大な電池メーカーが誕生した理由も「CASE革命」をひもとけば見えてくる。中国がこの革命に懸けるのは、技術覇権に不可欠な国際標準を奪取する好機だからだ。本書は低価格EVから自動運転、スマートシティーまで今後主戦場となる分野における中国企業の戦略を紹介。その圧倒的なスケールとスピードを直視しない限り、日本は中国の後塵(こうじん)を拝するであろう。(O)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事