教養・歴史書評

『サイバースパイが日本を破壊する』 井上久男著 ビジネス社 1650円

『サイバースパイが日本を破壊する』 井上久男著 ビジネス社 1650円

 米中新冷戦における経済安全保障がテーマ。安保を米国に依存しつつ、経済は中国抜きでは成り立たない日本だが、いまやネット空間から企業活動までのあらゆる日常で「軍事領域」が拡大し、軍民一体で攻撃を仕掛ける中国への対抗が必要だと強調する。サイバー攻撃で露呈した日本企業のずさんな管理に触れた箇所を読むと、リスク管理の要諦は「性悪説」の思想だと痛感する。ただ、よそ者に厳しく身内に甘い日本人には不可能な要求かもしれない。(H)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事