教養・歴史書評

『他者の靴を履く』 ブレイディみかこ著 文藝春秋 1595円

『他者の靴を履く』 ブレイディみかこ著 文藝春秋 1595円

 オバマ元米大統領ら英語圏の人々が頻繁に使う「エンパシー(empathy)」はどんな意味なのか? 注目のライターがさまざまな論考を基に解説する。「意見の異なる相手を理解する知的能力」であり、まさに他者の靴を履くがごとく相手の状況を考えてみることだと指摘。さらに、エンパシーは自分自身が発揮できていない才能に気付く機会を得たり、秘めた可能性を広げたりすることでもあり、生き延びるのに必要なスキルと提示する。興味深い思索が満載だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事