【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『猫が30歳まで生きる日』 宮崎徹著 時事通信社 1980円

『猫が30歳まで生きる日』 宮崎徹著 時事通信社 1980円

 実は多くの猫が年を取ると腎臓病で苦しんでいるが、原因は不明だった。著者の医師が謎を解明できそうな血液中のたんぱく質「AIM」を発見した過程を報告。体内の老廃物排出を後押しする機能を備え、猫に投与すると病状が劇的に改善。治療薬が完成すれば猫の平均寿命を現在の2倍の30歳まで伸ばせるかもしれず、人間の難病治療にも生かせる可能性があるという。新型コロナウイルスの感染拡大にも負けず創薬完成に挑む姿勢に期待したい。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事