教養・歴史書評

『森林で日本は蘇る』 白井裕子著 新潮新書 792円

    『森林で日本は蘇る』 白井裕子著 新潮新書 792円

     世界最古の木造建築(法隆寺)を有し、多様性に富んだ森林資源を持つ日本。世界がうらやむ豊かな宝がありながら、国はまったく生かすことができていないという。創意あふれる木造建築を作ってきた「伝統木造」は建築基準法の「仕様規定」で認められず、いっぽうで欧州のマネをして、高温多湿な日本に不向きなバイオマス発電を導入しようとしている。そしていつのまにか森林環境税まで創設……。著者はこれらの問題点をつぶさに検証し、告発する。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事