教養・歴史書評

『農業消滅』 鈴木宣弘著 平凡社新書 968円

    『農業消滅』 鈴木宣弘著 平凡社新書 968円

     規制緩和の徹底で日本の食料関連の市場規模は、この30年で1.5倍に膨張した。ところが食料自給率は38%と低く、農家の総収入も13.5兆円から10.5兆円まで落ち込んでいる。著者は、協同組合や共助組織の下に結集し、市民と連携して暮らしを守ってきた日本の農業の原点を見直し、消費者との双方向ネットワークの強化に努めるべきと主張する。そして有機需要の世界潮流を意識して農水省が打ち出した「みどりの食料システム戦略」に期待を寄せる。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事