【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『海獣学者、クジラを解剖する。』 田島木綿子著 山と渓谷社 1870円

『海獣学者、クジラを解剖する。』 田島木綿子著 山と渓谷社 1870円

 国立科学博物館で20年以上、海洋生物の生態や進化を調べるため海岸に打ち上げられたクジラやイルカなどの死骸を解剖してきた著者。知られざる研究の裏側を明かした稀有(けう)なエッセーだ。連絡が入れば全国に駆け付け、腐敗が進まないよう時間と闘いながら体を覆う毛をはぎ、骨を煮て標本を作る。まさに汗まみれ、血まみれの日々が謎の解明につながっていると痛感。話題の海洋プラスチックが胃の中で見つかっていることにはがくぜんとさせられる。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事